« 今日から、 | トップページ | BURGHLEY HOUSE その2 »

2007/08/31

BURGHLEY HOUSE その1

バーリー・ハウスに行ってきた。

ロンドンから140㎞ほど北上した、スタムフォードと言う街の郊外に
ある。広大な敷地にぽつんと家が建つ、とは言ってももの凄く
大きいのでぽつんと言う感じはしないが、、、、。

英国の中でも、最も価値のあるマナーハウスのうちの1つにも
数えられ、あの「ダヴィンチ・コード」の撮影にも使われた。

16世紀後半に、バーリー卿の為に建てられたこの家、数回の
大規模な内装の変更を経て、今現在に至る。

ぱっと入って、目に付くのは壁のオークのパネル。いたるところに
ギボンズ(Grinling Gibbons)の彫刻が飾られている。彼は
チャッツワース(Chatsworth)での彫刻でも有名。壁という壁が
タペストリーで覆われている。

そこを過ぎると今度は天井画。これは17世紀のもの。イタリアの
画家、アントニオ・ベリーオ(Antonio Verrio)の作品。11年の歳月
を掛け、多くの部屋が彼の天井画で彩られている。

Big_t3_1stgeorge01

« 今日から、 | トップページ | BURGHLEY HOUSE その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BURGHLEY HOUSE その1:

« 今日から、 | トップページ | BURGHLEY HOUSE その2 »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ