« 椅子?その1 | トップページ | Chippendale's Director »

2007/10/29

Mendlesham Chair

よく一般に知られている、ウインザー・チェアーの中の1つに
メンデルシャム・チェアーと呼ばれる形がある。

俗にサフォーク州のメンデルシャム村が発祥だからと言うのが
名前の由来とされているが、本当の所ははっきりしない。

普通、ウインザー・チェアーはボジャーと呼ばれる木こり(?)
が、木を切り出し、ポールレースと呼ばれる挽き物を作る道具で
脚や、背中のスピンドルを挽き、ちょうなを使って座面を
削りだす。手回しドリルで穴を開け、部材を叩き込む。
それ故に、接合部は大概丸で、ドリスの穴に入るようになっている。

しかし、このメンデルシャム・チェアー座面から下こそは
ウインザー・チェアーのような構造だが、上部はまるで普通の椅子、
ホゾ組みで作ってあったりする。これは、ボジャーの仕事と言う
よりは完全に家具職人の仕事。

ちょうど、200年前ほどのデザインだがなんとも美しいと思えてしまう。
かつて民藝の人たちが認めたように、ウインザー・チェアーは、
本当に和に良く合いそうだ。

写真の椅子は、座面は楡材、その他はきんぐさり(ラバーナム)の
珍しい物。

Blog1

« 椅子?その1 | トップページ | Chippendale's Director »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mendlesham Chair:

« 椅子?その1 | トップページ | Chippendale's Director »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ