« 家具はどのくらいもつ?? | トップページ | HATFIELD HOUSE »

2007/11/22

"Pie-Crust" Table

”パイ=クレスト”テーブルと呼ばれるテーブルがある。

一般的には、18世紀の中頃、お茶を飲むのが流行し始めたのに
伴うように、使われるようになった俗にいう”ティー=テーブル"に
少し変わった丸天板が付いた物である。

ウォルナットの時代の3本脚の蝋燭立てがマホガニーの時代に
変わり、世相と共に、ニーズに伴うように紅茶を給仕する為に
デザインされたテーブルである。軽く、天板が裏の脚への接続部を
軸に直立する為、使わないときは部屋の隅へ置いておける。

秀逸なのは天板のデザイン。

天板の際の部分がやや高く、ホタテ貝殻模様(わかりづらい)で
ぐるっと、彫刻されている。パイの外側の際の所に似ている所から
”パイ=クレスト”と呼ばれるのだが、誰がこんなデザインを思いつ
いたかてんで見当が付かない。

ただ、このデザインのテーブルは結構残っているので、人気の
デザインの1つだったに違いない。

(↑の説明わかりづらいので写真見てください。)

Blog1

« 家具はどのくらいもつ?? | トップページ | HATFIELD HOUSE »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Pie-Crust" Table:

« 家具はどのくらいもつ?? | トップページ | HATFIELD HOUSE »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ