« 漆塗り提げ重箱 | トップページ | Furniture Woods 2 »

2008/01/12

Furniture Woods

ファニチャー・ウッズ~家具で使う木~

古来、家具は基本的に、木で作られてきた。
石や、鋳物、20世紀に入ってからの金属、
合金、プラスティック、アクリル、、、、、、
等の例外はあるが、加工し易い点、強度の点、
手に入り易い点、耐久性の点、どれをとっても、
木と言う素材が一番家具製作に適しているように
思える。

当たり前のことだが、人はそこに生えている木を
切り、乾燥させ、製材し、家具を作る。古くは
エジプトの時代、彼らはアカシアやイチジクの木
を使った。ルネッサンス期の大航海時代を迎えるまで
は、もの凄く小さな範囲での木材の輸入、輸出が
おこなわれていた。

それが、一挙にワールド・ワイドに広がる。
北南アメリカ大陸から大量の様々な木が輸入されだし、
一挙に家具は華やかになる。イギリスを例に上げる
なら、それまでは、オークや楡(エルム)を基調と
した、かなりダークな感じの仕上げ、もちろん木材
の保存の為の仕上げという、意味合いもあるが、
せいぜい茶色という色の範疇から出る物ではなかった
のが一挙にカラフルに、家具に色がつくのである。

一番、最近出版の家具の木関連の本で、Prestel社から
出ている「Furniture Woods」という本を見てみると、
広葉樹25種類、針葉樹5種類が掲載されている。
木の種類は以下である。

広葉樹

Amaranth(アマランス、パープルハート)
Amboina-wood(アンボイナ)
Ash(西洋トネリコ)
Beech(ブナ)
Birch(カバ)
Boxwood(ツゲ)
Cherry(桜)
Chestnut(栗)
Ebony(黒檀)
Elm(楡)
Lemon Tree(レモン・ツリー)
Lime(ライム)
Mahogany(マホガニー)
Maple(楓)
Oak(オーク)
Olive(オリーブ)
Pear(梨)
Plane(プレーン?)
Plum(スモモ)
Poplar(ポプラ)
Rosewood(ローズウッド、紫檀)
Satinwood(サテンウッド)
Teak(チーク)
Walnut(胡桃)
Wenge(ウェンジ)

針葉樹

Fir(樅)
Larch(唐松)
Pine(松)
Spruce(蝦夷松)
Yew(櫟)

さあ、いくつ見たことがありますか??

« 漆塗り提げ重箱 | トップページ | Furniture Woods 2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Furniture Woods:

« 漆塗り提げ重箱 | トップページ | Furniture Woods 2 »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ