« West Dean College | トップページ | Pineapple »

2008/02/26

Exhibition Attendance Figures

展覧会入場者数

The Art Newspaperが1997年から編纂している展覧会に於ける
入場者数リストの2007年版が発表された。

展覧会の会期中の合計入場者数を会期日数で割った、1日当た
りの入場者数10071人を数えた、東京国立美術館の「The Mind of
Leonardo」が堂々一番となった。

Blog_2

目玉は、フィレンツェの、昔かのメディチ家の屋敷だった
ウルフィツィ美術館から借り出したダ・ヴィンチの「受胎告知
(Annunciation)」。美術館外にこの作品が出るのは3回目。しかし、
過去2回は1930年代の話、しかも、始まった第2次世界大戦の戦火
を逃れる為と言う経緯があった為、かのイタリア国内では、国外
持ち出しに関してかなりの反対の声があったらしい。

ちなみに、リストのトップ3は東京での展覧会(2位はモネ、3位は
徳川家の栄光)。この数字を見る限り、日本人、特に東京近辺の
人々はアートに関心が深いように思える。海外に行くと、美術館や
博物館に行くと言う人も多いと思う。

しかし、世界の人々は80年代終わりのバブル期に、金に飽かせて
絵画を買い占め、マーケットを滅茶苦茶にしたのを忘れていない。
トップ3を日本での展覧会が占めた事を苦々しい顔で見ている人
も多い気がしてならない。

個人的には、そんな物(と言うのは失礼かも知れないが)にお金を
使うより、今、ロシア人や中国人がせっせとやっている、過去に
国外に流失してしまった、自国の財産としてのアートの買戻し。
こういうことを個人レベルではなく、国レベルでどんどんしてくれると
嬉しいのだが、、、。

« West Dean College | トップページ | Pineapple »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Exhibition Attendance Figures:

« West Dean College | トップページ | Pineapple »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ