« Furniture Woods 3 | トップページ | Puzzle! Puzzle!! »

2008/02/07

UV-VIS- Spectrometry

紫外・可視分光分析

UVはUltraviolet、紫外線、VISはVisible、可視光線の事。
これらを使って、分光分析をすると言う物。

こんな説明では、なんのこっちゃって感じですが、要は、紫外線、
可視光線を使って、塗料内または木部内で使用されている顔料や
染料を明らかにしてしまおうと言う試み。

そして、その特別講演がドイツ、ミュンヘンの家具保存修復センター
の Dr. Heinrich Piening によって行われるます。

場所はロンドン、ウォラス・コレクションにて3時より。
入場は無料。

個人的に、この方法にはかなり興味があります。家具のマルケトリー
には、そのままの生の色ではなく、染色して使われている物が
かなりあります。特に、青や緑は自然界の木から取れない色なので
どんな染料を使っていたのかは、とても興味深いです。

イギリスでもヘアウッド(Harerwood)と呼ばれる木があります。
たいていはシカモア・メープルを緑に染めた物と解釈されています
が、その緑が何を使って染めているのかは、僕ははっきりと
知りません。

絵画でも顔料を見ると、色々な事がわかると言います。これで、また
家具への洞察が深くなると面白いです。

注:ただしこの講演の話は、ウォラス・コレクションのHPには書いて
  ありません。

« Furniture Woods 3 | トップページ | Puzzle! Puzzle!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UV-VIS- Spectrometry:

« Furniture Woods 3 | トップページ | Puzzle! Puzzle!! »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ