« Adhesive | トップページ | 運慶作坐像その後2 »

2008/03/19

運慶作坐像その後

ニューヨーク 18日 ロイター

火曜日に、ニューヨーク・クリスティーズで三越が14,377,000ドル
で落札した木製の仏陀の仏像が新しく日本美術関連における
オークションでの最高落札額の記録を更新した。

この最近発見された運慶が作ったと思われる高さ66cmの
大日如来の像、ニューヨーク・クリスティーズの日本・韓国美術
セールで1,500,000ドルの参考落札価格からスタート、最終的に
はほぼ10倍もの値段で落札価格された。

「歴史は作られた!!」クリスティーズの日本・韓国美術の
インターナショナル・ダイレクターのKatusra Yamaguchi氏は
語った。

「日本美術のコレクターの関心は高く、世界中からこの歴史的
なセールに参加するためにやってきた。」

いままでのアジア美術の最高落札価格は12600000ドル、この
火曜日の坐像の落札額(クリスティーズのコミッションを含む)
はニューヨークにおける、アジア美術最高落札額を樹立した。

このヒノキ製の坐像、1190年代、初期鎌倉時代の最高の仏師の
一人運慶作と思われる。北関東の個人所有で、以前は
18世紀後半、19世紀前半はお寺に収められていた。仏教美術の
ディーラーに売られるまではほとんどその存在を知られていな
かった。

12月サザビーズで57,000,000ドル落札された、古代のとても小さい
メソポタミアの像が彫像、古代の遺物関連では最高額である。

記事→

(意訳:quilastudio)

« Adhesive | トップページ | 運慶作坐像その後2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運慶作坐像その後:

« Adhesive | トップページ | 運慶作坐像その後2 »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ