« High-back Caned Chair | トップページ | Italian Painted Chair »

2008/04/02

SHAW'S CORNER

ショウズ・コーナー

Blog

ショウズ・コーナーと呼ばれるこの家、ナショナル・トラストが管理
している多くの場所の1つ。エドワーディアン期(1902年)に、牧師
の為の家として建てられた物。

19世紀末から始められた、アーツ・アンド・クラフツ運動の影響を
大きく受けている。何故この建物が、ナショナル・トラストの管轄に
なっているかと言うと、この建物の呼び名の通り、ジョージ・
バーナード・ショウ(George Bernard Shaw 1856-1950)が住んで
いた家なのである。

ジョージ・バーナード・ショウ?? と言うのが多くの人の答えかもし
れない。聞いてみたイギリス人もほとんどが、名前は聞いた事が
あるけど、、、、、誰??、って感じであった。調べてみると、彼は
近代演劇の確立者として有名で、ノーベル文学賞、オスカーも
受賞している。あの「マイ・フェア・レディ」は、もともと彼の戯曲
をミュージカル化した物だそう。

そのバーナード・ショウが亡くなる1950年まで40年余り住んだ家。
良い意味で、その当時の人の生活の良いサンプルである。当時の
最新の物と古い物が、ごっちゃになった家。台所に行くと、1920
年代の鋳鉄のオーブン、ホーローの入れ物、銅製のジェリーの型、
真ん中に鎮座した、こけたヴィクトリアンのパインのテーブル。

その建物が作られた頃、流行したヴォイゼイ(C.F.A.Voysey)のハート
のモチーフの階段。バウハウスの影響が見られるような、初期の
蛍光灯のランプ。ガンジーのポートレート。その後のアール・ヌーボー
に繋がる植物のモチーフのステンド・グラス。

決して、派手ではないし、息を呑むようなインテリアではないけれど、
普通の機能的且つ使い勝手の良いインテリアの好例ではないだろ
うか。

Shaw's Corner
Ayot St Lawrence, nr Welwyn, Hertfordshire
AL6 9BX

National Trust Home Page

« High-back Caned Chair | トップページ | Italian Painted Chair »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SHAW'S CORNER:

« High-back Caned Chair | トップページ | Italian Painted Chair »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ