« Ivory Tea Caddy | トップページ | Discolouration »

2008/07/12

Jamaican Woods

ジャマイカン産材

あのレゲエで有名なジャマイカ。15世紀後半にコロンブスに発見
され、その後17世紀の後半に英国領になり、1962年になって、
独立国となった、というジャマイカと言う国の歴史を考えると、
ジャマイカ製の家具は、イギリス家具のコピー、もしくはデザインを
世襲した物と言う事、が想像出来るだろう。

Blog_wood1_2

Blog_wood2_2

左上の逆三角形のマスから、(右へ)
Breadnut
Wild Uammee(Mammee)
Mahoe(Makoe)
Locust
Green Candlewood
Redwood
Boxwood
Sweet Lemon
White Candlewood
Wild Piment
Cinnamon
Mountain Guava
Maiden
Plum 
Barbados Pride
Beech
Fuste
Cypress
Blackberry
Broadleaf Myrtte
Greenheart
Green Ebony
Rosewood
Wild Juniper
Coffee
Sweet Orange
Genyp(Genyp)
Seville Orange
Wild Cinnamon
Olive Bark
Pickly Pots
Date
Cashaw
Star Apple
Mangala
Shaddock
Lime
Braziletta
Guava
Sea Grape
Black Torch
Mountain Cabbage
Cow Apple
Fiddlewood
Striped Rosewood
Mango
Hog Gum
Rodwood
Yellow Saunders
Barkwood
Lignum Vitae
Spanish Elm Growth of Jamaica
St.
Uaua
Sogwood
Jackfruit
Lemmon
Wild Butter Tree
Lignum Vitae
Butter Tree
Bitter Wood
Grey Saunders

1835年にジャマイカはキングストンで作られたカードテーブルの中
に装飾された材木のサンプル集である。これらの全てが、普通に
使われてたとは思えないが、かなり面白い物が沢山含まれている。
中には木枠に入れられたそれが何の木なのか対比表も付いていて
上の羅列はそれを書き出したものである。

多くのフルーツの木。レモン、シナモン、グァバ、プラム、
ブラックベリー、マンゴ、ナツメヤシ、ジャックフルーツ!! この手は
細い木が多く、目が交互に走っているので加工は難のはず。

若干知った木も多いが、3分の1ぐらいは全くなんだかわからない。
昔の本を引っ張り出して、それが何の木か探すのが楽しそうである。
全てがジャマイカ産とは思えないが、ジャマイカ内で取引されている
材木リストと考えられるかも知れない。

何故か、一番密度が重い木リグナムヴァイタが2つあったりする
のが不思議。

« Ivory Tea Caddy | トップページ | Discolouration »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jamaican Woods:

« Ivory Tea Caddy | トップページ | Discolouration »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ