« Ebony and Ivory | トップページ | Superleggera Naked »

2008/09/14

Ebony and Ivory 続き

黒檀と象牙、続き

この椅子、構造的な所は、しっかりしていて、直す所はなかったの
だが、後ろ脚から背ずりに続く一番上の象牙製のフィニアル
(Finial ベッドポストやランプポストなどの先端部の装飾、英辞郎
より)、背ずりにある12個のもっと小さなフィニアルのうち2つ、そして
黒檀製のねじりん棒(Barley Twist Turning)の一つが無くなっていた。

Blog_2

上は、その小さなフィニアル。最初は象牙の模造の物で引いて
みたのだが、まんまと粉砕。適度な硬さと柔軟さを持つ、自然界
の物には、やはり敵わないらしい。左の二つが新しい物。直径
は10mmきっていて、本当に気を遣う引き物。

長くこの仕事をしているが、象牙を引くなんて機会は滅多に無い。
黒檀でねじりん棒を作るのも然り。せいぜい12cmほどの小さな
もの、これは引くというよりは、削りだすに近い。もともとは
17世紀後半に流行ったこの意匠。この時代にどのようなジグを
使っていたのかは定かではない、が、基本的には罫書き、鋸で
切れ目をいれ、鑿で削り、やすりで仕上げる。

19世紀以降のリヴァイバルの時には、ねじりん棒の機械が出来
ていたので、かなり大量生産で廉価版の椅子が作られた。大概
はオーク製の真っ黒で、籐編み、もしくは板の座面、彫刻で
こてこての椅子。あまりオリジナルの椅子とは似ても似つかない
が(17世紀のオリジナルは多くはウォルナット製のため虫食い
が多く、あまり残っていない)市場でよく見る椅子。

普段、あまり使わない素材を使った修復は、楽しいとともに、緊張
するものである。失敗すると予備の材がない。一発勝負のドキドキ。
しかし、時間は限られている。そんな仕事をした後は、意外に
ぐったり疲れるものであったりする。


« Ebony and Ivory | トップページ | Superleggera Naked »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ebony and Ivory 続き:

« Ebony and Ivory | トップページ | Superleggera Naked »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ