« 家具道具室内史学会 | トップページ | Specimen Marble Top »

2008/11/24

Folding Ladder

折りたたみ式梯子

先日、たまたま見た「開運! なんでも鑑定団」で、ふと目に
着いた一本の梯子。作ったのは江戸時代中期の名工、
小林如泥(1753~1813)によるものと言われている。
この島根県松江市寺町の長満寺にあるこの梯子、写真では
材質まではわからなかったのだが、片側の棒の部分を
押し上げるともう一つの棒と重なり、一本の棒のようになる。

Blog1_2

上に写真の左側の棒を、右の棒の方、斜め上に押し上げると
脚をかける所がすべてうまく収納されて、一本の棒のように
なるのがわかる。ただし、上の写真は18世紀のイギリス製。
マホガニー材で出来ており、主に書斎、図書室などで使われる
為に考え出された。

この両者、細部こそ違うだろうが、日本とイギリスで同じような
時期に、同じようなデザインが産み出されたこの偶然の一致。
得てして、実用性本位のデザインを突き詰めると似たような
デザインに遭遇することはままありうるが、ここまで似通った
ケースは珍しいと思う。実にこの梯子の詳細を知りたいもの
である。

インターネットで見つけた唯一の画像→こちら

« 家具道具室内史学会 | トップページ | Specimen Marble Top »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Folding Ladder:

« 家具道具室内史学会 | トップページ | Specimen Marble Top »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ