« 手強い奴ら | トップページ | トーネットのこだわり »

2009/02/07

The Furniture History Society Annual Symposium 2009

The Furniture History Society Annual Symposium 2009

2009年英国家具史学会年次シンポジウム

1964年に創設されたこの英国家具史学会(以下FHS)、毎年
密度の濃いシンポジウムを開催しています。通常2月に開かれる
のですが、今年は何かの都合により4月の開催。テーマは
「バロックの家具と内装」。ちょうど同時期に行われる、
ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下V&A)の展示
「Baroque 1620-1800: Style in the Age of Magnificence」
合わせた感じになっています。

講演者も多彩でイタリア、オランダ、スペイン、フランス、ドイツ
にイギリスからと一挙にヨーロッパ各国のバロック事情を網羅
してしまうほど。

さらに個人的に興味深いのは17世紀末、フランスはルイ14世の
お抱えの家具職人だったクッチ(Domenico Cucci 1635-1704/5)
がかのゴブラン工場で製作した家具で唯一現存している家具に
ついての講演があると言うこと(プログラム上では10分ほどの
短いトーク)。某オークションの評価付の部門の人間に言わせると、
恐らくこのペア(対のキャビネット)は世界で一番高い金額が付く
である(要は世界で最も価値がある)家具であろうと。
(もっと詳細が知りたければ→

まだ詳細はFHSのHPには載ってないのですが、興味がある人は
チェックしてみては。

日時 2009年4月25日(土) 10:30~16:30

場所 レクチャー・シアター、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館
    サウス・ケンジントン ロンドン

料金 FHSメンバーは35ポンド、メンバーでなければ40ポンド(朝
    のコーヒー、昼の紅茶が含まれる)

« 手強い奴ら | トップページ | トーネットのこだわり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Furniture History Society Annual Symposium 2009:

« 手強い奴ら | トップページ | トーネットのこだわり »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ