« 箱根寄木細工と、、、 | トップページ | お悔やみ »

2009/04/26

FHS Annual Symposium 2009

2009年英国家具史学会年次シンポジウム

シンポジウムが4月25日の土曜日に開催された。

会場はロンドン、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下
V&A)、レクチャー・シアター。お題はちょうど開催されている
「Baroque 1620-1800」のエキシビジョンと同じテーマの
「Baroque Furniture and Interiors」。

Blog6

僕の個人的な目的は、普段置かれているAlnwick Castle
(アニック城)のドローイング・ルームが改修中の為が、修復展示
で一時的にV&Aに貸し出されているルイ14世の為に作られた
対のキャビネット。あのヴェルサイユ宮殿の為に作られた
ゴブラン工房からの唯一現存する家具に関するトーク。

ペアのように見えるが実はペアと言うよりは男性と女性を表し
ているのではないかと思われるぐらい違う脚の彫刻部。見えない
所の作りが意外にお粗末な事。18世紀の後半70年ほど不明
だった時期がある事と意外に研究がなされていないのには
びっくり。まあ。1821年以来代々あるファミリーの所有物で一度
もエキシビジョン等に貸し出された事が無いので尚更か。何が
まだまだ出てくるか乞うご期待。

Blog5

バロックは初めて世界規模で広がったアート・ムーブメントである。
カソリックの広がりと共に、イタリアをスタートに近隣の国、北欧や
イギリス、さらに南アメリカやフィリピン等の東南アジア各地
にまで広がった。宗教的な繋がりと建築が一番の特色なの
だろうか。

シンポジウム自体はイギリスの家具史界の層々たる顔ぶれが
集まった。あのBBCの「アンティーク・ロードショー」で見る顔や
ディーラー、オークションハウスのスペシャリスト、研究家、
キュレーターに保存修復家。僕が行っていたカレッジの
チューターにも会った。まあ、相変わらずアジア人はほとんど
いなかったが、、、。

« 箱根寄木細工と、、、 | トップページ | お悔やみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FHS Annual Symposium 2009:

« 箱根寄木細工と、、、 | トップページ | お悔やみ »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ