« "Seaweed" Marquetry | トップページ | 「箱根細工物語」 »

2009/05/13

家具道具室内史学会、第1回大会・総会

家具道具室内史学会、第1回大会・総会

昨年発足した、家具道具室内史学会の第1回の総会が開催
されます。シンポジウムのテーマは「玉座」。お隣の中国は
何百年も昔から椅子座。それに比べ日本は、今でこそ椅子に
座りますが、相も変わらずの床座との併用。畳のある部屋と、
ダイニングテーブルと椅子のセットが同じ移住空間に混在する
のが現代の日本の家。シンポジウムでなぜ日本は椅子座化
しなかったのか興味深いことを発見できるかもしれません。

日時:2009年5月23日(土)9時30分-18時00分(9時00分開場)
会場:東京大学 山上会館 大会議室
参加費:会員:無料 一般:1000円
申込方法:お名前・連絡先をメール、FAXにて事務局まで。
               前日(5月22日)まで要連絡。
       Mail:mail@jpshift2008.org  FAX:03-3713-9609

スケジュール
  9時30分~11時30分 研究発表会
   「型而工房の方法論」        アンヌ・ゴッソ 敷田弘子
   「十九世紀フランスにおける室内装飾家の職能
   -セッシャン・フーシェール社の活動をとおして-」鏡壮太郎

  11時30分~13時00分 昼休憩

    13時00分~13時30分 総会(大会議室)

    13時40分~18時00分 シンポジウム
       「玉座」―なぜ日本はイス座化しなかったのか―

       東アジアのユカ座・イス座の歴史        小泉和子
       古代の玉座(仮)                    大隅清陽
       古代王権の表象―槻木・厨子・倚子―      仁藤敦史
       天皇の座~高御座・倚子・大床子・平敷~  川本重雄 

         質疑・討論     

    18時30分~20時30分 懇親会(会場:本郷周辺)  
              ※要事前申込み

家具道具室内史学会
http://www.jpshift2008.org

« "Seaweed" Marquetry | トップページ | 「箱根細工物語」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家具道具室内史学会、第1回大会・総会:

« "Seaweed" Marquetry | トップページ | 「箱根細工物語」 »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ