« "Throne Chair" | トップページ | Stick them on !! »

2009/07/05

Boulle Cabinet on Stand

ブール・キャビネット・オン・スタンド

世の不況は、金融界や車業界にだけに限ったことではない。
日本でも、ヨーロッパでも失業者の数は鰻登り。業界によって
は仕事があるだけでもましと言うところも少なくない。

今世紀に入って、やや湿り気味のアンティーク家具業界。かの
アンティーク・コレクターズ・クラブ(ACC)が出している
ACCアンティーク家具価格指数(The ACC Antique Furniture
Price Index)。これは1968年の価格を100とし、各時代各スタイル
の家具1400点余りを選び、価格の推移を示す指数である。確か、
2002年まで、30数年あまり指数は毎年上がり続け、その翌年
初めてダウン。その後、どっちともはっきりしない小動きを
繰り返している感じである。

ちなみに2008年の最新の数字では2942。端的にいえば、1968年
に100ポンドで買った家具が、今では2942ポンドの価値になって
いると言う事である。トップエンドの家具は動いているが、
ブラウン・ファニチャーと呼ばれる普通のアンティーク家具は
落ちているのが普通。

この時勢に、はっとするような数字を見かけた。週末から
ヴューイング(下見)の始まったロンドンのクリスティーズ
「Important European Furniture」セール。ある家具に75万から
100万ポンドの落札予想価格が付いていた。100万ポンドと
言えば1億6千万円ぐらいか。円高とはいえ、とてつもない数字
である。

12_fullsize_2

フランス・ルイ14世時代を代表する家具士ブールによって製作
されたキャビネット・オン・スタンド。真鍮と鼈甲を使った
マルケトリーは、彼の得意とするところであり、その装飾には
彼の名前が冠されブール・マルケトリーと呼ばれる。いくつかの
部分は後年追加されたり、交換されたものだが、メインの部分
は、大体1,680年頃に作られたものだそうだ。300年以上経って
いるとは思えない、出来の良さ。

その昔は、出来た家具を1年程、工房に保管して材の縮や、割れ
等をチェックして出荷したと言う。そうやって作った家具である
から、強制乾燥させて製材してすぐ家具になってしまう今の家具
とは違って、きちっと直すと、また20~30年はしっかり使える。
普通の家に合うかと言うと、少し返答に困るが、地球に優しい
と言えば優しいかも。まあ1憶する家具を壊れたからと言って
捨てる人はいないと思うけど、、、。

« "Throne Chair" | トップページ | Stick them on !! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Boulle Cabinet on Stand:

« "Throne Chair" | トップページ | Stick them on !! »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ