« Wax polish #2 | トップページ | Dendrochronology »

2009/07/30

Drug run

ドラッグ・ラン

ドラッグ・ラン??、なんて聞くと、何か悪いことをして走っている
ようなイメージを想像してしまうのは私だけでなないはず。

その昔、薬局(Dispensary、薬を調剤して、分与する所と言う意味)
のカウンターの後ろには何十個のも小さな引き出しが有り、
そこの一つ、一つに薬が入っていた。その引き出し群の事を
ドラッグ・ランと呼んだそうだ。

Blog5

無垢のマホガニーの前板に型で作られたガラスの取っ手。
オイル・ギルディング(金箔張り)と油彩で、そこに入っている物の
名前が書かれている。英語なのか、ラテン語なのかはっきりせず
何が入っていたかはわからないが、その当時の雰囲気をよく醸し
出している。

上の写真は、某薬屋のドラッグ・ラン。今だ現役。ただ、長い間
に、上からラベルを張られたりと壊れたりとで、少しお色直しに
やって来た。引き出しは全部で52個。52個違う薬があると言う事。
どんな病気の為の薬だったのか是非知りたいもの。もう少し
リサーチせねばと思う。特に、ヴィクトリアの時代はかなりの
精神的な疾患を持つ人が多かったと聞く。どんな薬を使って
いたのか興味深い。

ちなみにヴィクトリアの時代の薬局はこんな感じ。左側に
ドラッグ・ランが見える↓。

Chemist

« Wax polish #2 | トップページ | Dendrochronology »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Drug run:

« Wax polish #2 | トップページ | Dendrochronology »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ