« Tunbridge Ware | トップページ | Plumb Dolly »

2009/08/27

Renaissance Wax

ルネッサンス・ワックス

Wax Polish #2」の項の最後でちらっと書いた
マイクロクリスタライン・ワックス。

Blog11

原油を材料とするパラフィン・ワックスの一つである。水素と
炭素の化合物である点はパラフィン・ワックスと変わらないの
だがナフテン炭化水素(Naphthenic hydrocarbons)、
イソパラフィン炭化水素(Isoparaffinic hydrocarbons)が比較的
多く含まれ、さらに含まれるクリスタル構造も小さく薄いため、
粘りがよく、伸びのあるワックスとなっている。化粧品処方として
一般に使われることが多い。

家具の修復で使われるマイクロクリスタライン・ワックスは
ルネッサンス・ワックスと呼ばれるもので、そもそも大英博物館
の科学者が、美術館等の展示物に既存のワックス
(ビーズ・ワックスやカナルバ・ワックスが主原料)は酸を塗布した
表面上に残すため、その物のオリジナルのフィニッシュに
ダメージを与える可能性があることを発見し、何か中性の表面
をうまく守る代用品はないかと考え出されたのがこのワックスで
ある。

pHは7で中性。退色の恐れもない。既存のワックスの最大の特徴
である表面を守る耐水性も備え、ハンドリングに伴う手の油など
の汚れや空気中に含まれる汚染物からもその物を、きちっと
守ることが出来る。

しかし、その構造上かなり薄く塗布できるため、既存のワックスを
塗った時の輝きを再現したいならば、何十回も塗布しなければ
いけないのが難点か。

私自身は家具自体にあまり使うことはないが、オルモルなどの
金属のマウントやマーブル等を保護するのに使用されることが
多い。

ルネッサンス・ワックス販売元
Picreator Enterprises Ltd.

« Tunbridge Ware | トップページ | Plumb Dolly »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Renaissance Wax:

« Tunbridge Ware | トップページ | Plumb Dolly »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ