« Renaissance Wax | トップページ | 3 inches »

2009/09/08

Plumb Dolly

プラム・ドリー

Blog2

近くのジャンク・ショップで見つけたこれ。ハーシーズのキスチョコ
を彷彿とさせる不思議な形。乾燥して白っちゃけてて、ペイント
まで付いていてテーブルの上にぽつんと乗っていた。何となく
気になり女主人に聞いてみるが、「わからないわ。」という答え。
手に持ってみると、ずっしりとした木の質感。意外に大きく直径は
8cm、高さは11cmほど。手にしっくりおさまるなんだか不思議な
物体。

同僚に聞いてみると、「プラム・ドリー」と言う、昔の鉛のパイプを
接続するときに使うものだと言う。

イギリスで配管工のことをプラマー(Plumber)と呼ぶ。プラムは
元々鉛の意味で、その昔、配管が鉛のパイプだった頃に、鉛
を扱う人の意味でプラマーと呼ばれていた。1930年頃までは
家周りの全てのパイプは鉛製だったらしい。もちろんそれが、
鉄に代わり、銅になり、それが今ではプラスティックになって
いくが、、、、。

ドリーは道具の言葉の意として使うとき、当て盤という意味にな
る。当て盤とは物を叩く時の下に敷くもの。金属などの床に
置いて使うものはアンヴィル(金床、Anvil)と呼び、ドリーは
手に持って使うポータブルなものを指す(らしい??)。

素材は水にも沈む、数少ない木材「リグナムヴァイタ」。
(Lignum Vitae 英語では表記通りリグナム・ヴィータエと発音)
東南アジアや中央、南アメリカが原産の木で成長が遅く、あまり
大きくならない。その重厚で狂いにくい性質からプロペラの軸
などに使用される。家具史上ではキャスターのタイヤや彫刻用
の鑿を叩く木トン(Mallet)の頭などで見られる。稀にベニアとして
家具の装飾として使われるが、非常に稀である。

歴史的に考察すると、おそらくこれは、英国領土だった中米から
来たものなのかと予想される。私見では東南アジア産の物のほう
が色がより濃く、中南米産のほうが薄い色に見える。ローズウッド
(紫檀)のような違いがあるようだ。今ではこのリグナムヴァイタ、
ワシントン条約で絶滅の危機の可能性のある種としてリストに
挙がっている。

Blog11

少し小さめの物。

左がツゲ(Boxwood)製、右がリグナムヴァイタ製。

« Renaissance Wax | トップページ | 3 inches »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Plumb Dolly:

« Renaissance Wax | トップページ | 3 inches »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ