« 3 inches | トップページ | A piece of history »

2009/09/15

木の色

Colours of timbers

Blog8

Blog9

似たようなフランスの小さなサイド・テーブル。

上の写真の家具は主にローズウッドのベニアで装飾されて
いる。下の物はチューリップウッド。

ローズウッドと言えば、濃い茶色を思い浮かべるし、
チューリップウッドと言えば鮮やかなピンクの縞を思い出す。

2つ共、優に100年以上経っているいわゆるアンティーク。
木目こそ若干違うものの、同じ色に見えてしまう。結局、木材は
有機物である以上、燃えてしまうと炭になってしまうのはどの
種にも共通することで、雨曝しなどにすると、最終的には白く
なってしまうに違いない(例えば流木!!)はずで、その過程と
とらえるとこの時点で同じ色になっているというのも納得出来る。

色が濃い材ほど退色しやすい。色が薄い材ほど色が濃く変化
していく。これにはどんな意味があるのだろう。自然界の動物や
鳥、昆虫の容姿には意味があり、大概の場合は、餌を取る為、
もしくは外敵から身を守る為に上手く隠れやすいようにというの
が主である。しかし、容姿はほぼ一緒の木々の材の色がこんな
にも違うのは何か意味があるのだろうか??、と考えてしまう。

« 3 inches | トップページ | A piece of history »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木の色:

« 3 inches | トップページ | A piece of history »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ