« 「日本の国宝、最初はこんな色だった」 | トップページ | "Work Table" »

2009/10/28

「ギャラリーフェイク」

秋の読書週間その3

Blog7

漫画である。しかし、たかが漫画と馬鹿に出来ない。小学館の
「ビッグコミックスピリッツ」に1992年から不定期で連載され、
2005年に終了。全32巻。

主人公は、「ギャラリーフェイク」という名の画廊のオーナーで
ある藤田玲司。元ニューヨークはメトロポリタン美術館の
キュレーターという設定。しかも修復の腕も超一流。裏の
美術品のブラックマーケットにもネットワークを持ち、日本の
美術界では鼻つまみ者とされているが、実は密かに一目
置かれている存在。

現実には、これだけの事を、一人の人間がやってのけるのは
到底無理。キュレーターと言えば、狭く、深くの世界。個人の
専門がしっかりしていて、個々の分野にそれぞれの
キュレーターが存在する。本からの知識のみでは限界があり、
いかに本物を見たかという経験の世界。本物を見ずして、
偽物はわからない。美術館といったって、世界中の名品を
全部持っている訳ではない。むしろ名品の半分以上は個人
(もしくは法人)の所有ではないだろうか。

しかし、主人公の存在は自分が一修復家として憧れ的といっても
言い存在でもある。もちろん究極ではあるが。漫画(フィクション)
ゆえにというのはさておき、書かれているエピソードの話題は
多岐にわたる。和洋、古今東西、彼の知らないものはないぐらい。
私の知る限り家具に関してはほんの数エピソードしか絡まないが、
それでも読む価値は十分にあると思う。

本当に作者の細野不二彦氏はどうやって、毎回ネタを探して
きたのかとても興味深い。アート通のブレインに当たる人物が
いたんだろうなと想像するが、実際はどうなんでしょう??

この際、大人買いで全巻揃え、赤ワインちびちびやりながら秋の
夜長に読むというのは結構、粋だと思うのだが。
(しかし、内容の濃さに一夜に全巻読破は難しいと思う。)

« 「日本の国宝、最初はこんな色だった」 | トップページ | "Work Table" »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ギャラリーフェイク」:

« 「日本の国宝、最初はこんな色だった」 | トップページ | "Work Table" »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ