« 「ギャラリーフェイク」 | トップページ | "Cucci" Cabinet for Sale »

2009/11/12

"Work Table"

家具史において家具の多様性は、その時代の生活の豊かさと
相通ずるものがある。タイトルにもあるワーク・テーブル、とは
言っても、直訳の作業台ではなんか物足りない。むしろ
ソーイング・テーブルとでも呼んだ方がしっくりくる代物。

 

17世紀頃までは縫物というのはかなり高級な趣味で、まだ針
すらも国内で生産していなくて海外から輸入しなくてはいけな
かった時代。おもにイタリアやオランダから、シルクやビーズ、
金糸等を輸入していた。18世紀の半ばに出された
あのチッペンデールの"ダイレクター"にはこの手の
ワーク・テーブルは紹介されていない。まだまだ、縫物や刺繍
というのは多くの人にとって高根の花だったことが伺える。

 

18世紀末のシェラトンの本ではワーク・テーブルが紹介されて
いて、女性の為のマルチな機能を持ったテーブル。手紙を書く、
刺繍をする、ゲーム(チェスやバックギャモン)をすることなどが
1つのテーブルですることが出来る。大概、兆番で付いた蓋部、
引き出し、中は小さな区切りに分かれていて、糸まきやら
細かい物を収納出来る。この頃のには、上下動出来る
ファイアー・スクリーンや、持ち運びのための取っ手なんかが
付いているものもある。

 

Blog10

 

 

 

上のは、ヴィクトリアン後期の物。19世紀になり、中産階級の増加
と共に、女性の間で刺繍はブームになる。それに伴い、数多くの
ワーク・テーブル(ソーイング・テーブル)が作られることになる。

 

これは珍しい、黒漆塗りの物。素材はヒノキ。もちろん日本製。
時の日本の政府は開国後、日本の工芸品の輸出を奨励し、外貨
獲得に力を入れていた。日本でコピーが作られるわけだから
イギリスでの人気ぶりが想像出来る。装飾は青貝を使った螺鈿、
桜に梅、アジサイの組み合わせが何とも言えない。おそらくは
長崎製。

 

Blog9

 

 

 

もうこんな時代から、日本人の小器用さが発揮されている。まったく
国民性というものは変わらないものである。

« 「ギャラリーフェイク」 | トップページ | "Cucci" Cabinet for Sale »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Work Table":

« 「ギャラリーフェイク」 | トップページ | "Cucci" Cabinet for Sale »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ