« Canterbury | トップページ | Mistake!! »

2010/03/02

Anglepoise

アングルポイズ

Anglepoise2

おそらくイギリスで、一番普通に使われているデスク・ランプ。3本
のばねが特徴。大きい1本と小さい2本が、引っ張られて伸びれば、
逆が押されて縮むと言うように、お互いがカウンター・バランスを
取ることによって自在にランプの照らす場所を変えられるという
優れ物。下の丸いベースはかなり重いです。

Anglepoise3

ハーバート・テリー・アンド・サンズ社(Herbert Terry & Sons)で
1930年代頃から作られている物。少しづつデザインが改良
されているものの基本的な所は変わらず。本当に、この実用本位
なこのランプ、以前書いた「Polyprop」Chairと同じように
ロイヤル・メール(英国の郵便局の総称)の
「British Design Classics」と言うシリーズの一つにも選ばれている。
まさしく大衆のデザイン!!

Anglepoise1_2

本当に、そこここで使われているランプで、うちの工房にも3台ほど
ある。本来什器として使用されているので、綺麗な物はあまり
ないのかもしれない。ちなみに、私の作業台の上にはばねではなく
錘でカウンター・バランスを取るやや似ている感じのランプが
置かれている。「Horstmann」とあるがアングルポイズと何か関係
があるのか、もしくは思いっきりライヴァル会社なのか、興味深い。

Anglepoise4

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

« Canterbury | トップページ | Mistake!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Anglepoise:

« Canterbury | トップページ | Mistake!! »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ