« Burr | トップページ | High Wycombe »

2010/06/17

Parker-Knoll

パーカー=ノ―ル

6a00d83451ccbc69e2012877a2f99e970c4

その昔、パーカー=ノ―ルと言えば、高級家具の代名詞だった。
特にウイングチェアーは有名で良く出来ている。上は、50年代
のパーカー=ノ―ルの広告。ポップな感じがいい味出している。

もともと、1869年にフレドリック・パーカー氏が興した家具製作
会社「フレドリック・パーカー・アンド・サンズ
(Fredrick Parker and Sons)」が始まり。パーカー氏の信念は
「良い現代の家具を作るにはオールド・マスターを研究するのが
一番良い方法」と資料の為に、椅子を筆頭に、書籍、
生地サンプルや彫刻を集めた。

努力のかいがあって、1898年にはロンドン近郊の
家具産地として有名なバッキングガハムシャー、
ハイ・ウィッコムに工場を建てる。1904年には会社として正式に
登録。

新しいテクノロジーを絶えず追求するパーカー氏はドイツの
ノ―ル氏の発明した新しいスプリングを使った椅子張りの方法に
可能性を見出し、パートナーとして1931年に「パーカー=ノ―ル」と
なる。

P1070515

ヴィクトリアン時代から使われているスプリングを使った座面は、
張るのにかなりの手間を要する。大量生産の時代である20世紀
。座り心地を落とさずに、手間を省く方法は家具の大量生産に
向けて必須であった。ノ―ル氏の方法は
テンション・サスペンション・スプリングという、コイル・ワイヤーで
作られた物を使う事だった。座枠の右左にキャンバス地の、
スプリングを引っ掛ける穴が開いている物を釘でうちつけ、
スプリングを左右に跨がせるように引っ掛ける。

P1070346

P1070514

座枠の内側には大概、スタンプがあり品番がわかる。時代に
よってはマークも少し違う。

今では、ハイ・ウィッコムの工場も閉鎖されてしまったが、創業者
パーカー氏の残したコレクションの一部は
フレドリック・パーカー基金に保管されている。特に椅子の
コレクションは圧巻で実際に見る事も出来るようだ。
インターネット上での写真の閲覧も可。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

« Burr | トップページ | High Wycombe »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Parker-Knoll:

« Burr | トップページ | High Wycombe »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ