« Cabinet Scraper | トップページ | Italia Italia!! »

2010/11/15

ワードローブの上の壺

A Vase on a wardrobe

Chinese_vase
18世紀、中国、乾隆時代(けんりゅう じだい)の磁器の壺。
乾隆(1711-99)は清朝第6代皇帝(1735-95)で外征により、国土を
広げ、清朝の最盛期を興した。と同時に学術を奨励し、自信多く
の詩を残した。

この41cmの壺。地元の小さなオークションに出品したのは70歳の
おばあちゃん。兄(弟?)が無くなって、彼の家の遺品の中の一点
だった。大概身寄りのない親戚が無くなった場合は、
ハウス・クリアランスと呼ばれる業者に来てもらって、オークションで
売れるものは、出品し、売れないあとの物はゴミとして引き取って
もらう。

40年ほど前に、「アンティーク・ロードショー(Antique Roadshow)」
(鑑定団のもと番組)の前身の番組で、専門家に偽物と太鼓判を
押され、最近の鑑定では800ポンドと言われていたこの壺。
オークション蓋を開けて見ると、4300万ポンドで落札。出品した
おばあちゃんもさぞびっくりしたに違いない。この落札の手数料
(落札額の20%)だけで、このオークション・ハウスは一挙に
億万長者。そして、オークションの歴代高値落札額ランキングでも
堂々の9位に。(ちなみに、トップテンのあとの物は全て絵画。)

中国人が落札したと言われているが、誰だかは現時点でははっきり
していない。過去に国内から流出したお宝を新興成金の
愛国主義者が多く買い戻しているのはここ最近の風潮。ここまで
落札額が上がったのは、その相乗効果とも言える。

ハウス・クリアランスの専門家がこの家を訪れた時に、この壺は
ワードローブの上で埃をかぶっていたという。

記事→Antique Trade Gazette

« Cabinet Scraper | トップページ | Italia Italia!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワードローブの上の壺:

« Cabinet Scraper | トップページ | Italia Italia!! »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ