« 「Merchants and Luxury Markets」 | トップページ | 馬毛 »

2011/05/17

How to make a glue

どうやって接着剤は作るの??

 

家具修復の工房では色々な種類の接着剤を使う。

Sam_0465

伝統的に使われてきた膠。温めて液体状にして使う。ローテク。

常温でそのまま使えるタイトボンド社の"リクイッド・ハイド・グル―"
なんてハイテクもある。

P1080919

"Colle De Poisson"と呼ばれるフィッシュ・グル―または
アイジングラス。チョウザメの物は高いため、タラの物を普段使う。

Sam_0466

ギルディングでは"Rabbit Skin Glue"がメイン。スターチ系の糊も
紙などにはもってこい。

それプラス、モダンなPVA(木工ボンド)。可逆性にちょっと問題の
あるゴム系に、瞬間接着剤のシアノ系。それにエポキシ。

Gluecover

もとは1771年にフランスで発行された物(これは英訳版)。
この頃から、膠屋さんという職業ができたらしい。それまでは個々が
自分で接着剤を作っていたことになる。作る時の匂いは相当な物
らしく、大変な様子が伺える。
今では、ほとんどが中国からの輸入なので、この記事にあるような
オールド・ファッションな事をしているのかなあと思う。

一読をお薦め。

→→→記事

« 「Merchants and Luxury Markets」 | トップページ | 馬毛 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: How to make a glue:

« 「Merchants and Luxury Markets」 | トップページ | 馬毛 »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ