« How to make a glue | トップページ | Preserving the Past, Inspiring the Future »

2011/06/12

馬毛

Horse Hair

7994880015_large

ホース・ヘアーと一般に言われるのは、馬の尻尾の毛のようで
家具修復においては、椅子張りのあんこに使ったり、編んで張地
にして使ったりする。

イギリスで馬毛が椅子のあんことしていつ頃から使われ始めたの
かははっきしないが、18世紀の初頭にヨーロッパで使われ始めた
のが始まりのようだ。それ以前は、馬毛に限らず、鹿やヤギ、藁
などがあんことして張地の下に詰められていた。

馬毛は何度でも使えるリサイクルの可能な材料。古い椅子などに
使われていた馬毛はカーディング・マシン(Carding machine)と
呼ばれる機械に掛けて、撹拌し中のゴミを取り除く。元々油分を
多く含んだ、腰の強い毛なのでペチャンコに潰れていたものの
またふっくら息を吹き返す。白い毛の方が良いと言う事を
聞いたことがあるが、自分の経験上、あまり色は質には関係
ないようにも思える。

Carding_machine

その昔は、馬毛はあんこにするより、編んで張地にする方が一般
だったようだが、今ではその馬毛を使ったファブリックを作っている
会社はイギリスでも1社かし存在していない。
ジョン・ボイド・テキスタイル社(John Boyd Textiles)が、その生地屋。
しかし、そのジョン・ボイド社でさえ、馬毛は中国からの輸入なの
だそう。普通の生地よりも長持ちするが、高価。しかし、あのシック
な質感は他の生地には出せない。自分のこれと言う1脚には是非
張りたい一品である。

Horsehair

« How to make a glue | トップページ | Preserving the Past, Inspiring the Future »

コメント

ありがとうございます。機械が有るのですね。

そうなんです。
うちの会社のは、あまりに馬毛にまみれていたので載せませんでした。
カーディング・マシンでイメージ検索すると結構出てきますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬毛:

« How to make a glue | トップページ | Preserving the Past, Inspiring the Future »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ