« 馬毛 | トップページ | Oh! Habitat! »

2011/06/15

Preserving the Past, Inspiring the Future

過去を守り未来に閃きを!!

Sam_0653

今月の7日、バッキングハムシャーにあるバッキングハム・ニュー・
ユニバーシティ(以下BNU)で、ファニチャー・リサーチ・センター
(Furniture Research Centre)主催のシンポジウムが行われた。
テーマは「Preserving the Past, Inspiring the Future」。

この大学があるのは、ハイ・ウイッカム(High Wycombe)と言う町。
知る人ぞ知る、その昔アーコールやG-Planの工場があった、椅子
の街と呼べれていた所。今では、コスト削減のため多くの
大衆の家具はアウトソーシングされて海外で作られている現状。
この街には一時期、数百あった工房、工場はほとんどなくなって
しまった有様。そして、その遺産をアーカイブとして残すために、
BNUのファニチャー・リサーチ・センター。

Sam_0652

シンポジウムと言えば、もっと宣伝して、多くの人が来てくれた方が
良いのにと言う感じ。まあ、勿論これだけ講演があるので、全てが
良かったとも言えないが、いくつかは興味深かった。

個人的に行ってしまえば、テーマが大きすぎて、大雑把な感じに
なってしまう。ただ、いくつかは19世紀後半から20世紀初頭に関して
だったのは偶然だろうが、この頃を主体にすれば良かったのに
と悔やまれる。

このファニチャー・リサーチ・センターが核になって、オックスフォード
のオックスフォード&チェーウェル・バリー・カレッジとのジョイントで
立ちあげたのがナショナル・スクール・オブ・ファニチャー
(the National School of Furniture)

家具について(デザイン、製作、修復等)の高等教育機関と業界が、
手を組んでかつての家具産業を再興させようと言う目的。ここで
管理しているハイ・ウィッカム関連のアーカイブは必見。アーコール、
G-Planに関しては良い参考資料になるはず。

« 馬毛 | トップページ | Oh! Habitat! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Preserving the Past, Inspiring the Future:

« 馬毛 | トップページ | Oh! Habitat! »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ