« Stripper | トップページ | Patent »

2011/08/20

Commode Chair

コモド・チェアー

コモド(Commode)と言うのは紛らわしい言葉である。

普通に、インターネットでコモド・チェアーを検索すると、真っ先に
出てくるのは医療用のポータブル・トイレのついた介護椅子に
当たる物。それは、日本でもイギリスでも一緒で、世間一般に
言うコモド・チェアーといのはこれを指すらしい??

コモドと言う言葉はもともとフランスで1700年頃から使われ出した
言葉で、アンティーク業界ではフランス式のチェスト(箪笥)、
またはポータブル・トイレである陶器製のポットを収納してある
家具の事を指す。

よくあるのは、椅子型とベッドサイドに置く小さな家具型。
ポット・テーブル(Pot Table)やナイト・テーブル(Night Table)、
ポット・カップボード(Pot Cupboard)、ベッドサイド・キャビネット
(Bedside Cabinet)なんて呼び方をする。

2333

恐らく寝室の置かれただろう、コモド・チェアー。座面の後ろ側に
蝶番が付いていて、持ちあがり、その下に陶器製のポットが
隠れている。文献やその当時の物で、歴史の一端を垣間見ること
が出来るのだが、逆に音や匂いの再現は難しい。

ヴィクトリア時代後期に下水道が出来るまで、ロンドンなどでは、
そのポットに溜まった汚物を窓から、外へ投げ捨てていたらしいし、
パリ郊外のヴェルサイユ宮殿では中にトイレがなかったから廊下の
片隅で用を足したとか、日本に比べると衛生面に関して余り想像
したくないのがこの西洋の国々である。(それ故に、山高帽や香水
が発達したのだし、、、、。)

コモド・チェアーが売られていたりするのを、見る度に、座面を
開けて匂いをチェックしてしまうのは日本人の性か。

Sam_1146

Sam_1145

某邸宅で見たコモド・チェアー。勿論アンティークではない。
が、現代の水洗の便座の上に上手く作ってある。もちろん、
匂いの心配はないが、これはこれで、用を足すときに意外に
気を使ってしまうものであるのだが。

« Stripper | トップページ | Patent »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Commode Chair:

« Stripper | トップページ | Patent »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ