« Antique Tools Auction | トップページ | Art of Restoration »

2011/11/06

Whatnot

ワットノット

と呼ばれる家具ある。

Sam_1159

一見ただの飾棚のようだが、何故「ワットノット」と呼ぶのだろう???
18世紀の終わり頃から作り始めたとされる。いつでもそうだが、
新しい形の家具が産まれる時は、必ず人々の習慣の変化や流行
に端を発した事が多い。

もともとはダムウェイターと呼ばれる、ダイニングで使われる
カトラリーやらフルーツなどを載せて置くものの後継者のようでも
ある。ただディスプレイするのは上記のような物ではないが、、、。

"Whatnot"を辞書で引くと、"What do you call it?"と言うときもある
とある。日本語に意訳すると「なんじゃこれ??」か。ヴィクトリアの
時代以降に特に顕著になるが、自然科学系や民俗学系の物の
収集。あの大英博物館のコレクションを見ると想像が出来ると
思うが、ある民族の儀式で使う道具とか、ある大陸にいる虫とか、
そのような物をディスプレイさせる棚。転じてその様な物を飾る
棚の事をワットノットと呼ぶようになったようだ。

Sam_1161

マホガニー製。
繊細な挽き物の飾り。

Sam_1163

やはり脚の先にはゴロゴロと移動しやすいようにキャスターがつい
ている。やはりこの手も、晩餐の後、女性陣が引き上げた後、
シガーにポート・ワイン、それにワットノットの奇妙な物を話の肴に
ちびりちびりとやったのだろうか。

« Antique Tools Auction | トップページ | Art of Restoration »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Whatnot:

« Antique Tools Auction | トップページ | Art of Restoration »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ