« Woods in British Furniture-Making 1400-1900 | トップページ | Good job!! »

2012/05/09

The Windsor Chair Exhibition

ウインザー・チェアー展

先週末から始まった「ウインザー・チェアー展」。

0001

会場は、椅子の街ハイ・ウィッカムに近い、ナショナル・トラストが
管理するウェスト・ワイコム・パーク

ウインザー・チェアー展に入る為の入場料と言うものは存在
しないが、ウェスト・ワイコム・パークに入る為の料金は存在する。
7ポンド70ペンス。

19世紀の大量生産化する前のウインザー・チェアーが並ぶ。
いまだに、ウインザー・チェアーの起源と言うのは、はっきり
しないのだが、もともとは森に住むボジャーの作る椅子に
発想を得たものと言うのが、正しいようだ。

ウインザー・チェアー=カントリー・チェアーではなく、布張りした
椅子に対しての木の座面という比較。さらに、ボジャーの椅子に
代表される引き物を主体とした椅子と間違いなく
キャビネット・メーカーもしくはチェアー・メーカーと呼ばれる人たち
によって作られた椅子。

Sam_3028

Sam_3025

入り口脇には、ハイ・ウィッカムのウインザー・チェアー屋の
スチュアート・リンフォード」が製作の実演をしていた。

全部で35脚の椅子が、部屋の各々に展示される。塗装を施された
庭で使う用の椅子は「フォレスト・チェアー」と呼ばれる。これが、
始まりで、室内で使うように磨き上げられた物を
「ウインザー・チェアー」と呼ぶようになったようだ。

0002

上の左はゴールドスミス・チェアーと呼ばれる物。18世紀の劇作家
であるオリヴァー・ゴールドスミスが一時所有していたことから
由来する。

0003

上の右は、キャビネット・メーカーによる一品。同じような背中の
デザインの布張りの椅子が存在する。

ウインザー・チェアーと言う名前はトーネットと並んで世界で
一番有名な椅子の名前に違いない。ただし、この言葉は
椅子の形態を表しているだけで、細かく見ていくと、様々なカテゴリ
に分けなければいけない事に気付く。18世紀に作られた
ウインザー・チェアー、現存する物はあまりにも少ない。しかし、
まだまだ研究する余地はあるようだ。

« Woods in British Furniture-Making 1400-1900 | トップページ | Good job!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Windsor Chair Exhibition:

« Woods in British Furniture-Making 1400-1900 | トップページ | Good job!! »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ