« Chesse Coaster | トップページ | 和洋折衷 »

2013/05/17

Furniture: making and meaning

家具: 制作とその意味する所

Dscf1113

ロンドンはヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下V&A)で
金曜日に行われたシンポジウム。昨年末、館内6階に新しく
出来たファニチャー・ギャラリーを記念したもの。

テーマは"Furniture: making and meaning"。

あえて、アンティーク家具だけにこだわらず、家具製作に
於ける普遍的なテーマと言う事ではないだろうか。午前中は、
簡単なニュー・ギャラリーの紹介と共に、ライブのカメラを使った
プレゼンテーション。

選ばれた、2つのオブジェクトは、18世紀はフランス宮廷に
納められたジュエル・キャビネット(宝石用のキャビネット)と
19世紀後期の世界博覧会に出品された蒔絵で飾られた日本の
重箱。

普通は、美術館、博物館に展示されている物は、正面しか
見えないもの。これは、カメラを使って蓋を開け、ひっくり返し、
奥の奥、隠し箱まで。試験的ではあるものの面白いアプローチ。

後半は、アール・デコ期に於けるシャグリーンと呼ばれる
サメ皮(エイ皮)の使用とべニアの発展史に、現在の
家具製作者/デザイナーのプレゼンテーション。

今回のシンポジウムでは実はこれが一番面白かったりした。

Evolutievanthebonechair1

上の図は、ボーンファニチャーの制作者であるJoris Laarman
の使ったソフトウェアによる、椅子のデザイン。人間の体の構造を
削ぎ落としていくと骨格になるように、座と背だけを決め、
アルゴリズムを使いそれを支える機能を究極まで削ぎ落とした
状態=骨。

で、ボーンファニチャー。実際の椅子はアルミニウム製。
オーガニック・フォームの究極の形なのでは。

総合的には、やや内容の薄いなと思うところがあるものの、
面白い組み合わせだったと言う気がします。修復士にとって、
20世紀以降の新素材の知識は必須の今日この頃。べニア
と言ってバカに出来なくなってきました。

Furniture: making and meaning
Frideay May 17th
Hochhauser Auditorium, Sackler Centre
10:30 - 17:30
V&A



« Chesse Coaster | トップページ | 和洋折衷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Furniture: making and meaning:

« Chesse Coaster | トップページ | 和洋折衷 »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ