« Spread of Inlay | トップページ | 作る人 デザインする人 »

2014/04/11

Muqarnas

ムカルナス(مقرنس ペルシア語)

イスラム建築の中にムカルナスと言う言葉がある。
ウィキペディアで引いてみると「持ち送り構造の装飾の一種」と
ある。

Dscf2455_2

蜂の巣の様な、鍾乳洞の天井の様な、オーガニックを髣髴と
させる形。ちなみにこれはテーブルのベースの部分である。

このムカルナスと言うのはほぼすべてのイスラム国に共通する
装飾。インドではあまり存在しないが、元イスラムの国だった
南スペイン
も当然含まれる。

Plafond_hasht_behesht_esfahan
17世紀に建てられたイランのエスファーハンにある
ハシュト・ベヘシュト宮殿の内装。

典型的なムカルナスの装飾である。

Sally_port_of_sheikh_lotf_allah_m_2

これも同じ町にあるシャー・モスクの物。

Dscf2464

では、このテーブル。横からの写真である。

上から、天板、幕板部、脚、キャスター。

一番上の写真は幕板部を下から撮った物。


さて、このテーブルはどこで作られたのだろう?

これが最初の疑問。

間違いなくイスラム圏に違いない。しかし、どこ?

このテーブルがイラン製かと言うと恐らく「NO」である。
イランではKhatamと呼ばれる装飾が主流。使っている素材は、
はっきりわかるのは骨、もしくは象牙、オリーブ、レバノン杉
ぐらいで、間違いなく暖かい国を連想させる。ピューターなどの
金属はない。

典型的なインレイ(マルケトリによる)幾何学模様にペルシャ語
(恐らく、もしくはアラビア語)の意匠。箱根の寄木細工を思い
出させる。

現時点では、どうやら南スペイン製ではないがと予想しているが
確定するのは難しい。その国の言葉でしか文献が無いうえに、
イスラム圏で発行されている物は、そこに行って買う以外、
どういうルートで購入できるのか皆目見当つかない。


やっぱり最後には行くしかないかな。

« Spread of Inlay | トップページ | 作る人 デザインする人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Muqarnas:

« Spread of Inlay | トップページ | 作る人 デザインする人 »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ