« Manik Bagh | トップページ | Cocus wood »

2014/12/02

Caruelle table

カズュエル・テーブル

Dscf3432
何の変哲もない、カフェ・テーブルのように見えるこの一品。

これが、、、、


Dscf3434
こうなるとは、あまり想像出来なかった。

Dscf3409
このテーブル、スイスの"embru"社製。

1942年にGeorg Albert Ulysse Caruelleがデザイン。

embru社はもともと鉄パイプ製ベッドメーカーとして1904年に設立。1930年代にはバウハウスのマルセル・ブロイヤーやそのフォロワーであるスイスの建築家ヴェルナー・マックス・モーザーの協力を得て、新しい鉄パイプ製の家具を発表している。

26890632_1_l
いまだにembru社で作られている、モーザーの1931年にデザインしたモデル1435と呼ばれる椅子。




Setwidth9801fgeschichtepfeiffenrauc
さて、カズュエル・テーブル。

デザイナー本人に言わせると、オール・ラウンダーのテーブル。100通り以上の使い方が出来る。ナイト・テーブルにしたり、タブレットを置くテーブル。さらに今の現行の物は天板部が取り外しが出来、トレイにもなってしまうという優れ物。

Dscf3433
横から見ると、黒いノブが二つ、天板が大小二つの二層になっているのがわかる。下のノブは、高さ調整用。上のノブは、緩めることにより、接合部のギアのようなギザギザによって天板の角度が変えられるようになっている。

上の天板部は、180度反対側に回す事が出来、そうすると、上のバランスが悪くなるので、バランスを取るように、下の脚が伸びるようになっている。

Dscf3428
Dscf3435

個人的には、ここまでよく出来ている多目的なテーブルと言う物は、あまりお目にかかったことが無い。最初のデザインから、少しづつ進化しつつ、基本は変わっていない。こういうデザインは末永く残っていくに違いない

、と思うのでした。









 

« Manik Bagh | トップページ | Cocus wood »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Caruelle table:

« Manik Bagh | トップページ | Cocus wood »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ