« モザイク金属? | トップページ | The Wedge Dovetail Joint »

2015/03/15

Annual Furniture Index 2014

2014年度家具指数(AFI2014)

Photo毎年この時期になると、アンティーク・コレクターズ・クラブ(ACC)によって発表されるこの家具指数。

1968年からスタートしたこのプロジェクト。時代別に、普通のアンティーク家具をカテゴリー分けし、小売りや、オークションでの平均価格をはじきだし、スタートした年の指数を100とし、それに対比する形でその年その年の指数を算出していく。

昨年度の指数は2149。単純に言えば、1968年に1万円で買えた椅子が、今では21万円出さないと買えないと言う事。1971年に貨幣単位が10進法化されていたり、様々な他の影響で一概には、1万円が21万円とは言えないが、前年からの比較と言う意味ではいい目安になる指数である。

この家具指数2002年の3575をピークに今は、調整期と言うか、緩やかに下がっている途中。上がり続ける、株価や家の値段に比べると、そのインフレの影響と逆行している。数値は昨年に比べるとあまり変わってはいないが、トレンドしては、少しづつ変わっているようだ。

珍しく落ちたオーク、カントリーのカテゴリー。物が減っていると言う事は間違いないが、意外に濃い目の家具が多いこの二つのカテゴリー。尚且つ、キッチンにお皿をディスプレイできるドレッサーと呼ばれる家具などが、今のモダンが主流のキッチンでは流行遅れになって売れなくなってしまった事などが原因のようだ。

今のインテリアデザインは、モダン折衷的なスタイル。アンティークと言うカテゴリーは、その昔一つ離れたところに存在していたものだが、今では選べるオプションの一つに過ぎない。

伝統に固執しすぎては、飽きられて、忘れ去られるのが落ち。流行に走りすぎては、軽薄にみられ、昔からの顧客は離れてしまう。この業界にかかわる経営者達にとっては一番難しい時代なのかもしれない。海外から買い付けに来るディーラーにとっては買い時なのだが、、、、、。



« モザイク金属? | トップページ | The Wedge Dovetail Joint »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Annual Furniture Index 2014:

« モザイク金属? | トップページ | The Wedge Dovetail Joint »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ