« 家具のディテール:トライポッド・テーブル | トップページ | Schlafsofas »

2016/01/17

ハウス・キー

House Key

某マナーハウス。
1760年代にスコットランドの著名な建築家ロバート・アダムが内装を手掛け、1820年に改装の際、変えられたとされるドア・ファニチャーと呼ばれる取っ手や錠。

200年程前の事で、さらに今のオーナーはそこに住んでいないこともあって、はっきりした事は明言出来ないのだが、もともとマスター・キーと呼ばれる、名の通り家の主人(もしくはバトラー)が持つ鍵があり、それ一つで全てのあらゆるドアが開けられたのだそうだ。

それプラス、レイディー・キーとよ呼ばれる物、召使などの従者が持つサーバント・キーがあったらしい。

サーバント・キーはもちろんパントリーや台所、裏の通路のドアしか開けられないようになっている。

Img_20160115_142109621
ドア外側には、取っ手とエスカッチョンと呼ばれる鍵穴。取っ手を回すと、ドア側面の下の小さな出っ張りが引っ込むようになっている。普段は出っ張っていて、ドアが閉まる仕組み。

取っ手は黒檀製。エスカッチョンは真鍮。

Img_20160115_142038951

部屋の内側はメインの取っ手に、内側から回すとロックすることの出来る小さな取っ手。

錠の側面は飾りの為に真鍮板が止められている。

Img_20160115_141855105

取っ手を外し、その飾り板も外すと錠を引き抜く事が出来る。

Img_20160115_141321784

200年ほど前に作られた錠。あまり使っていなかったらしく、埃などが酷いが、いい出来。潤滑油を注せば、スムーズに動く。

Img_20160115_150821269

Img_20160115_150714314_hdr

真ん中が、鍵穴。右の四角い穴が、取っ手の芯棒が入る。

縦に走るアーム部が、取っ手を左に回すことによって、下の左右に走るボルト部を右へ動かし、普段出ている出っ張りが引っ込む。そして、ドアが開く。

面白いのは鍵穴の周りにあるパーツ。

Img_20160115_135339743

ブリッジ・ウォード呼ばれるパーツ。

この部分を避けて鍵を回すためには、鍵は下のような形になる。

Locks2a
小さな家具の鍵では滅多に見られない。

Dsc01807
これは、上の錠の鍵ではないが、優に10㎝を超える大きな鍵。

丁度この頃、蒸気を使った金型で隙間を打ち抜く(?)技法が使われだした。素材はその後も変わっていくが、技法としては今とさほど変わらないことの方が驚く。

上のフロアー、下のフロアーで見ただけでも30余りの錠。当時かなり高価だったに違いない。



昔の技術力に驚くばかり。



今の家の鍵、スペアを作ってもらうとアッというまに出来てしまう。コストも安い。


修復保存の観点から行くと、このような個人のマナー・ハウスで全て錠が残っていること自体稀。そこに住んでいた場合、間違いなく安全上様々なところの鍵は変えられることに違いない。

しかし、この鍵を作るとなると、ワンオフでかなり高くなること請け合い。しかも、信憑性という面では今の錠に比べると格段落ちる。

オリジナリティの面を重視するか、経済的な面を尊重するか、必ず、修復保存の現場で直面する問題である。




さあ、あなたがこのうちのオーナーだったらどうするだろう???









« 家具のディテール:トライポッド・テーブル | トップページ | Schlafsofas »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハウス・キー:

« 家具のディテール:トライポッド・テーブル | トップページ | Schlafsofas »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ