« 抱出巻煙草容器 | トップページ | Barber's Chair »

2017/07/16

クリヤラッカー

Clear Lacquer


ラッカーという言葉は、曖昧である。

英語でも、日本語でもそうだが、ラッカー仕上げという表記を見るが、何をもってラッカーと呼んでいるのかはっきりしない。

購入する分には、あまり気にはしないが、修復という観点で見ると、それがいったい何なのかを、きちっと知る必要がある。



Dsc04560


旧東宮御所、現赤坂迎賓館が、一般公開がされている。

とは言っても、以前行っていた年に数日の限定のではなく、迎賓館として使用していない時は、一年中いつでも極力公開という、大判振る舞い。

私が行った時は、丁度朝日の間の天井絵画の修復の為、この部屋だけは入ることが出来なかった。残念。

これが、明治維新後、西洋建築を学び、40~50年余りで建ててしまった事に驚き‼


Dsc04551_2


こんな、桐の紋の意匠が使われていなければ、ここが日本であることを忘れてしまうぐらい。


Dsc04574

正面の門。ペンキがかなり厚塗りで見えずらいが、
良く見ると制作会社のサインが刻まれている。


Dsc04578

"SCHWARTZ & MEURER PARIS"

「シュワルツ・アンド・ミューラー社 パリ」

明治39年に購入している。なんと111年も前。完全にアンティークと呼べる一品。

所々に錆が浮いてみるのを見ると、大々的な修復が必要ではないかと思われる。



この赤坂迎賓館が、元々の役割から、迎賓館に生まれ変わった大改修が行われたのは1969年。5年の歳月をかけた大改修。

かれこれ、50年ほど前になる。その為か、2009年より館内の天井画の修復が徐々に進められている。

この間、朝日の間が見れなかったのは、こういう理由だった訳だ。



大改修から50年余り、勿論天井画だけでなく、色々なところで補修の必要があるのだろうと思われる。勿論自分の専門の家具も含めて。


Bgei0909

公開されている部屋の一つ、彩鸞の間。

その趣は、東宮御所として建てられた当時とほとんど変わらない。


24

特に、奥の壁沿いにあるペアのキャビネットは、この当時のフランスからの輸入品。

24_2

この部屋の家具は帝政様式と呼ばれるマルケトリー等の表面装飾は控えめ、マホガニー材を基調に、金で飾っていく、ぱっと見ゴージャスなスタイル。

このキャビネットも、マホガニー材に鍍金金物で装飾されているはず。


しかし、現実には表面塗装が経年変化で白っぽくなり、下の綺麗なマホガニーの色は一切見えない有様。最初の状態は、フレンチ・ポリッシュで仕上げていたのではと思うのだが。

1977年に編纂された「迎賓館赤坂離宮改修記録」によれば、もともと東宮御所時代に作られた家具のうち597点が補修され迎賓館で使われたようだ。

家具は、表面を剥離されクリヤラッカーを塗布されたとある。

ここで、最初の命題に戻る訳で、

「クリヤラッカーとは何?」


いまでこそ、ラッカーと言えばアクリルラッカーを指すが、その昔はニトロセルロースラッカーのことを言う。

19世紀前半に発見されたニトロセルロースをベースに作られた塗料で、1880年頃からは家具の表面塗装でも見られる。

ただ揮発性の高い溶剤を使う事、可燃性の高さから、1970年代にアクリルラッカーに取って代わられた経緯がある。

が、キャビネットの経年変化を見る限りは、改修当時使われたクリヤラッカーはニトロセルロースラッカーではないかと思うのだが。

ちなみに、手で強く表面を擦ってみれば樟脳の匂いがするのですぐ分かる。しかし、流石に手に届く場所にはなかった、、、、。


天井画に限らず、家具もぜひ平成の大改修で修復して欲しいなあと、個人的には強く望むのである。


25


(東宮御所時代の写真は宮内庁公文書館より借用しました。)







« 抱出巻煙草容器 | トップページ | Barber's Chair »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリヤラッカー:

« 抱出巻煙草容器 | トップページ | Barber's Chair »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ