« 水銀法の鏡 | トップページ | François Linke »

2018/07/29

Sunburst Mirror

サンバースト・ミラー


サンバースト(sunburst)という単語辞書で引いてみても、この意味を一言で表わす言葉は見当たらない。そのまま単純に訳すと、太陽が爆発したという事になるが、一般には、その太陽が爆発した様子をディフォルメしてデザインしたパターンの事を言う。


Dsc05714

幾何学的な模様が使われたアールデコの時代。

今から100年ほど前に、流行になったデザイン。

サンバーストのデザインは、建築や、内装デザイン、家具にまで見ることが出来る。


ロスアンジェルスにあるウィルターン劇場。1931年に建てられた、アールデコ様式の建物。そこにも、サンバーストのデザインが見られる。


Tumblr_lt0z1tbxt01qlel45o1_1280

入口ホールの天井。プラスターによる造形。



さて、このミラー、いつの時代の物かは定かではない。

調べてみると、フランスを中心にヨーロッパで始まったアールデコ期、1920年頃からどうやら60年代まで様々な国で作られていたようだ。それだけ、人気のあったデザインであったのだろう。

個人的には、鏡の周りの縁のデザインで、スペインやイタリアで作られたものではないかと思っている。


Dsc05716

Dsc05719

Dsc05720

オイルサイズによる金箔張り。

見れば見るほど不思議なデザインではある。


ちなみに裏側は、、、、。


Dsc05725

俗にいう真鍮やブロンズを削って作ったブロンズ・パウダーで塗装されている。

躯体はもちろん木製である。

マカンバのような目の詰まった白っぽい材が使われている。



« 水銀法の鏡 | トップページ | François Linke »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sunburst Mirror:

« 水銀法の鏡 | トップページ | François Linke »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ