« Sussex Chair | トップページ | Charles X Mahogany Chaise »

2021/02/14

Queen Anne Dressing Mirror

アン女王時代のドレッシング・ミラー

 

Dsc09027

 

この手のタイプ、アンティーク家具の入門としては手頃な一品ではないだろ

うか。トイレット・ミラーとかドレッシング・ミラーと呼ばれる。

 

それこそ、私が小さい頃は、三面鏡の付いた化粧台(机)が、一般にお母さん

たちが使っていた形。

 

歴史的に見ても、男女共々身だしなみを整えるのには鏡が必要である。14世

紀にイタリアで、水銀法によるガラスを使った鏡が発明されて以来、かなり

長い間、大きな盤面な物は作れなかった。鏡と言うよりは、ガラス制作に

おいて限界があったという理由で。17世紀後半に作られたベルサイユ宮殿

の鏡の間のように、大きなものが作れるようになったのはかなり後。まだまだ、

高価な物であり、普通の人には高嶺の花であった。

 

初期のドレッシング・ミラーは、ただの枠付き鏡。装飾と言うよりは、鏡の

小口と裏側を保護するために付けられたものに違いない。それが、家具製作

技術の向上と共に箱に鏡がついた形へ変わっていく。

 

オランダで作られた物が、最初でと言われているが、きちっと年代が判る作

は知られていない。チャールズ1世の血を引くオランダ提督、ウイリアム

3世がイギリスで王に即位するに伴い、ヨーロッパの流行が流れ込んできた。

 

アン女王は、ウイリアム3世の義理の妹。スチュアート朝最後の王である。

家具史でも、この時代辺りに、オークの時代から、ウォルナットの時代へと

移行していく。重いオークから、明るく、軽やかな色のウォルナットへ。

 

Dsc09029

 

経年変化で、今はかなり暗く見えるが、新品の時はもっと明るかったに違い

ない。シンプルなバン・フィートと呼ばれるお饅頭脚がこの頃の定番。

 

Dsc09031

 

今では、同じ色に見えるが、ヘリボーンと呼ばれる、横向きのべニアがア

クセントに取り入れられている。

 

Dsc09032

 

引き出しの接合部は、蟻ほぞ組み。手工具だけ考えると、今、私が使ってい

るものとほぼ変わらないのではないかと思うぐらいのクオリティ。

 

Dsc09033

 

引き出しを、取り除くと、ウォルナットのべニアがパイン系の躯体に貼られ

ているのが判る。

 

Dsc09034

 

横から見ると、鏡を支えるアップライトが、少し後ろに傾いているのが判る。

テーブルの上に置いて、自分の顔を見ていた。引き出しには、櫛やら、髪飾

をしまっていたのではないだろうか。

 

Dsc09036

 

Dsc09037

 

裏側も、ほとんどオリジナルが残っているように見える。箱部の背板はオーク

製。

 

ひとえに家具と言っても、3種類の違う材が、当然のように使われている。

コストのせいであったり、耐久性の為であったり、ちゃんと理由がある。

しかし、300年後のこの現代の暖房事情を考えて作られている訳でなないので、

この違う材の性質の違いが、割れや、反り、剥離をおこすことが多い。

 

これから、何年先を見据えて直していくのか?

 

果たして50年後には、修復と言う仕事は残っているのか?

 

未来に残せるものは何だろうと、一人思う。

 

 

 

« Sussex Chair | トップページ | Charles X Mahogany Chaise »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Sussex Chair | トップページ | Charles X Mahogany Chaise »

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ