« 偽装「ウサギ膠」⁇ | トップページ

2024/03/03

「昭和天皇物語」

「昭和天皇物語」 

「Showa Emperor Tale」

71oimkuaiyl_sl1000_

 

「昭和天皇物語」を読んだ。既刊の14巻まで。

 

Netflixでヒットになった英国の王室を描いたクラウンのような物は、日本の皇室

においてはあり得ないと思っていた。それが漫画ででも、あそこまで天皇のプラ

イベートを描いたものは初めてではないだろうか。やはりヴィジュアルの力は大き

い。頭では、知っているはずの文字だけの事実、しかし、それが映像化して目に飛

び込んでくるとその文字の事実に色が付く。

 

日本の皇太子として初めて、ヨーロッパを訪問した事。皇太子、東宮として、その

当時の東宮御所(現赤坂迎賓館)に住んでいた事。大正天皇は病に臥せっている時に、

若干20歳で摂政をしていた事。

 

ビジュアル化すると言う事は、その場所やその当時の服装や小物、インテリアを描く

必要があるという事。そういう目で、描き込まれている一コマ一コマを見ていくと、

フーンと思う事が多々ある。特に、日本の明治期の椅子座の黎明期、天皇家がまず

椅子を使い始めた。イギリスの皇太子を迎えるために建てられた延遼館の為に作ら

れたであろう小椅子が初めての物だと思われる。

Th1865032734

明治村に残る椅子が、おそらくこういう形であるのを想像させる。恐らく、清から

来た大陸系の職人が作った物に柴田是真が漆を塗った物。まだ、イギリスの俗に言う

バルーンバックチェアと呼ばれる原形の椅子のまんまコピー。時代が経つにつれて

日本の職人が作りだし、独自の感覚が織り込まれていく。この手の漆塗りの小椅子系

ではいくつかのバリエーションがある、次第にイギリスの椅子のデザインから大きく

離れていくのが良く分かる。

« 偽装「ウサギ膠」⁇ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 偽装「ウサギ膠」⁇ | トップページ

フォト

instagram

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ